エイジングケアが期待できる食べ方

更新日:2月23日

「エイジングケア」についてまとめてみたいと思います。



エイジングケアというと『お肌のお手入れ』『運動』というイメージがありますが、

実は意外と見落としているポイントがあります。

 

 そもそもエイジングケアとは?


「何を見て」エイジングケア効果の有無を判断しているのか?


どんなことだと思いますか?


 AGEs(糖化最終生成物)をチェックしてみよう。


簡単に言ったら老化物質ですね。身体の中でタンパク質と余分な糖が合体して劣化した物質です。


蓄積すればするほど老化が早まるばかりか、高血圧や糖尿病、がん等のトラブルに遭遇しやすくなります。

「美容って。ただキレイになりたいとか、誰かに褒められたいとか、若くいたいとか、そういうことじゃなくって。 自分をひとつひとつ好きになる、毎日がなんだかちょっと楽しくなる、凹んだときに起き上がりやすくなる、自分が今より幸せになれるひとつの方法」 - 美容研究家 神崎恵

 

 対策としては?


低温調理器による低温調理などはAGEsの生産を抑えられます!


食材の調理方法でAGEs(糖化最終生成物)の過剰生産をある程度抑えるこが可能です!


  具体的な方法として


・生で食べれるものは生で食べる。

・蒸したりゆでたり、水を使って加熱調理

・焼いたり揚げたりする前に、レモン汁や酢でマリネにしてみる。



 マイペースに続いていけることが大切


正直、毎回は大変!!(>_<)


なので、「頻度を調整」するようにしてみましょう!

揚げ物系は月1~2回に抑えるとやグリル調理を取り入れること等々がオススメのペースです(*^^)v







閲覧数:15回0件のコメント

最新記事

すべて表示